読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年間30万以上の大量ANAマイルの貯め方とは? 陸マイラーの現実を試算します

2017年現在、ANAマイレージの貯め方には ”これ!” という王道があるみたいなんです、どうも。

 

クレジットカード支払でためる方法も、飛行機に搭乗してためる方法も、いずれにしても大金を使わなければたまらないってことはわかりますよね。

 

それでは一体どうやってお金を使わずに年間20万、30万といった大量のマイルをためることができるのでしょうか?

このブログを書いているアホは、一体どうやってお金を使わずに年間30万マイル以上ためることができるのかを試算してみました。

(試算と言うのは、アホ自身は一番効率の悪いクレジットカードで航空チケットを買って飛行機に搭乗してためているからですw)

 

単純化すると次のようになります。

 

  1. マイルがたくさんたまると毎年ハワイへビジネスクラスで行けることをブログで宣伝する。

  2. マイルが年間2~30万マイルたまる方法が、ハピタスやちょびリッチなどのポイントサイトの活用にあることを宣伝する。

  3. ハピタスやちょびリッチなどのポイントサイトへの入会を自分のサイトを通じて誘導し、紹介者・入会者の双方がポイントをもらえる制度で、ポイントを獲得する。

  4. 紹介者(子会員)のポイント獲得数に応じて、ポイントを獲得する。

  5. 紹介者が喜んでポイントを貯め始めると、毎月3万ポイントは入るようになる。
    (紹介者数がおよそ100人くらいになると、毎月10万ポイントくらいを目安にポイントが手に入るようになると思われます。)

  6. アクティブな子会員は年月と共に徐々に減ってきますから、飽きられない程度に
    ・ポイントサイトのお得な案件を掲載する
    ・マイルをためるとこんな経験が出来ると旅行記を掲載する
    ・1と2を定期的に繰り返したり、新しい記事の中に過去の記事のリンクを貼る

  7. 3万のうち2万をソラチカルートで交換して18,000マイルにします。

  8. 残り1万はTポイントルートで交換して5,000マイルにします。

  9. これで毎月23,000マイルずつ貯まるので、年間にすると276,000マイルになります。

  10. この他にも、カード支払で得ることができるマイル、楽天ポイントなどからの移行で得ることができるマイル、各種のキャンペーンで得ることができるマイルが数万マイルあると思うので、およそ合計30万マイル以上になります。

 

ANAマイレージの貯め方には、初心者向けとか上級者向けとかはありません。大量のANAマイルの貯め方は単純化すると、これしかないみたいなんです。

 

ポイントサイトに自分のサイト経由で初心者を誘導して彼らが貯めたポイントに応じて自分もポイントを得て、それをマイルに交換するのが王道のようです。

 

これで、立派な陸マイラーになれます。

 

合法ですし、紹介された側も得ができるわけですから、双方WIN-WINで問題ございません。

 

ただ、親会員になれた人はその後も大変お得なのですが、こう陸マイラーが増えてきている現実を考えると、子会員が孫会員を、孫会員がひ孫会員を獲得するのは年々ハードルが上がっていくと思われます。

また、そうなると大元のポイントサイトが会員に支払うボーナスポイントも増え続けて、いつか改悪になるかもしれません。

 

そうならないためにも、一極集中にならないよう、平均的にみなが親会員ー子会員くらいの2世代くらいのレベルに留まることができるよう、常に新しくブログを始めたサイト経由で入会するのが、本当の意味でのWIN-WINの関係を広げていけるのかもしれないですね。

 

「嫌儲」なんて言葉もネットにはあるようですが、双方お得なのは良いことだと思います。

でも、AさんとBさんがお得っていうのと、Aさんがめっちゃお得でBさんはソコソコお得っていうのは偏ってますよね?と。

 

一番じゃないと気がすまない人もいますけど、読んでる側のみなさんが1番にしている側面もあると思いますし。

 

いっちょあがり!と頂点に達したブログをみんなで構っても、いつも同じ内容ですしつまんないですしね、試行錯誤中の方々とお互いにあーでもない・こーでもないってやってるほうが、やってる最中は面白いもんじゃないかな?と思ったりもします。

 

まぁ、私は、極度にアホなので、適当な思い込みでしか書いてませんし、本当はよく分かってないんですけどねw

 

まだまだ、勉強中です。